現代工芸アートフェアによせる辞-勅使河原 茜様

今私たちは、ほんとうに美しいもの、心の奥底に響き、魂を解き放ってくれるなにかを切実に求めています。

そしてそれは、足をしっかりと地につけ、今に目を凝らし、過去に真摯に対峙する覚悟からしか生まれないように思います。

第一回工芸アートフェアが、未来へ向かうための「ほんものを発見する場」となることを期待しています。

いけばな草月流家元

勅使河原 茜

2010.10.27